« 退屈~! | トップページ | またまた久しぶりの友が! »

2017年3月 1日 (水)

久しぶりの友が!

A
この前はいつ逢ったんだっけ?と思う友がわんことおいでに! ♪

暫く空いてるのでお互いに話すことがたくさん!で、びっくりは高いところから落ちて、肋骨二本折ったと。。。彼女は暫く逢わないとその間にとんでもない事に出会うようで。。。

それに、うちに野良猫二匹を飼ってる話をしたら、彼女の家にも新しい野良ちゃん達が二匹増えたって。きゃ~!です。一匹はタケル、もう一匹はワサビだと(笑)  お互い元気で居なきゃねって、そりゃそうだ!

*

今日はじっとしてると何も先へ進まないので、硝子切りと磨きをする。

*

昨夜は珍しく洋画「グランド・ブタペスト・ホテル」を見はじめ、面白くて10時45分迄見る。レイフ・ファインズさん好きです。映画館には行かないけれど、テレビで昔の映画で偶然見る。「愛を読む人」は映画館で。これも偶然ですけどね(笑)

|

« 退屈~! | トップページ | またまた久しぶりの友が! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
「愛を読む人」をご覧になったんですね~☆
木の葉さんは、どんな感想を持たれたでしょうか~。
私は少し遠い記憶になっています~(笑)。

投稿: komichi | 2017年3月 2日 (木) 11時11分

💛Komichiさんへ

こんにちは!
「愛を読む人」は見たくて映画館に行った珍しい出来事。しかも、後半のハンナに逢いに部屋へ入るところで、映画館のフィルムが切れて、改めて出かけたもので、忘れられないものです。忘れないですよね~。
これの感想ですか? 話すと語り続けそうで怖いですけど(笑)
ハンナにとっては、ずっと続く幸せな日々だったけれど、現実に彼に逢い、年月を感じて、あの結末だったのでしょうか。あの時彼と新しい場所で暮らせば、今までとは違うかもしれないけれど、不幸にはならなかったとも思ったりします。私なら後の方を選んだと思いますって感想は要らなかったですか?(笑)

投稿: 木の葉 | 2017年3月 2日 (木) 13時56分

こんばんは!
主人公ハンナの最後の誇りを保つことも
人生の美意識ゆえ…かもしれません。

恋愛相手に情熱を感じていられる時も
また、永遠ではありませんから・・・。
かりに彼と一緒になったとしても
幸せになれないことを大人の彼女は
何処か感じていたような・・・。

ナチの台頭したあの時代、文盲で生きるという事は
どんなことだったのでしょうね~。

この映画、観終わってから考え込んでしまうタイプの映画ですね~☆

投稿: komichi | 2017年3月 2日 (木) 22時40分

💛Komichiさんへ

おはようございます!
感想を有難うございます!
普通ではないあの時代に生きてた女性だからの映画だと思います。本当に考えてしまう。
読み書きができない事を知られたくないための刑務所。。。ただ、長い年月本を読んで送り続けたお蔭で、字も文もかけるようになれたのに。
 昔のような愛とは違っても、住む家を用意して迎えに来てくれる人が居る事。凄いなぁと私は思ってしまいました、あり得ん話ですよね、そこが好き(笑)
レイフ・ファインズだったからかもしれない(爆)

投稿: 木の葉 | 2017年3月 3日 (金) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退屈~! | トップページ | またまた久しぶりの友が! »